各種フォーマットによって圧縮比など

音楽フォーマットについて

音楽フォーマット

ケータイで音楽を再生する場合には、ファイルフォーマットが決まっていて、ドコモ、ソフトバンク系統なら「.m4a」auは「.3g2」が使われていました。パソコンで音楽を聴く場合と違って、ケータイでは拡張子をユーザーが意識することはありません。

 

ファイルの変換にはフリーウェアの「携帯動画変換君」が有名ですし使いやすい。画面構成などのインターフェイスがイマイチで、ファイル変換中のメモリの処理が適当でないためか、大きい音楽ファイルを変換している時には、ほかのソフトからの返事が帰ってこない場合があるなど、ちょっと不安定な部分もありますが、音源制作ソフトや画像処理ソフトではありがちなことなので、問題ないといってよいと思います。

 

コンビニや家電量販店で販売されているパッケージソフトとしては、ソースネクストなどから、いろんな変換ソフトが販売されています。
以上のように、ケータイをモバイルプレイヤーとして扱うには、パソコンが必須という状況です。

 

スマホでも、機種ごとに音源は「.mp3」などと、標準フォーマットは決まっていますが、アプリで対応しているので、PCで読み書きするファイルなら、対応していると考えて良いですね。
スマホにインストールしたアプリ側で処理してくれますから、パソコンで音楽ファイルを変換する手間をとることは少なくなりました。

 

高音質なほど、ファイルの容量は増えますが、ファイルを収めるメモリの価格は下がる一方なので、気にすることもありません。あとはフォーマットを統一してくれると良いかもですね。
少なくとも画像ファイルのjpegぐらい長期間スタンダードであるフォーマットがあった方が良いのではないでしょうか。


ホーム RSS購読