ユーザーを囲い込むには魅力不足のLISMO

魅力不足のLISMO

LISMO

auは、一貫してLISMOシリーズで、音楽・動画のコンテンツ配信を行なっていますが、ユーザーの囲い込みに成功しているようには見えません。

 

パソコンの「au Music Port」は重かった……。いろいろau端末と連携できることはわかったけど、ソフトの起動、ファイル転送、音楽の変換、すべてにおいて、とにかく使いにくかった印象があります。
音楽ファイルのピクチャーアートを表示するなど、LISMO関連で購入したコンテンツを管理するには便利かのかもしれませんが、自分の持っているファイルをauケータイで聴くためには不満の多い状況。安いmp3プレイヤーの方がUSBでつないでファイル転送するだけなので、便利でした。

 

スマホでは、電子書籍リーダーとして特化したモデルを出すなど、LISMO BOOK に注力するような動きがありましたが、相変わらずの価格帯とコンテンツ量(電子書籍に変換された本が少なかった)で盛り上がりませんでした。
音楽関連であれば、コンサート配信などLISMO独自のコンテンツが充実しているなら、もうちょっと利用する気にもなったかもしれません。テレビでも視聴できるようなPVなどでは、わざわざLISMOで見るにはなりませんでした。

 

今では、「mora for LISMO」となり、LISMOミュージックストアは閉鎖されていますが、モーラの方でも同じような感じですね。今後もiTunesStoreのようなサービスには、なれない運命のように思えます。


ホーム RSS購読